インボイスに登録した方が良いケース

みなさん、こんにちは!

大阪府吹田市で近藤会計事務所を運営している近藤です。

公認会計士・税理士・ファイナンシャルプランナー・認定経営革新等支援機関の資格等を元に日々奮闘しています。

さて、2023年10月からインボイス制度が始まりました。ただ、未だにインボイス制度について詳しく知らない方もいるはずです。

インボイスのことはよく知らない。
フリーランスだけど、あまり儲かってないから自分は関係ないんじゃないかな。
お客様
お客様

このように考えている方、損しているかもしれませんよ!実はインボイスに登録したほうがよい方もいるんです。

インボイス登録したほうがいい方とは?

どんな方がインボイス登録した方がよいのでしょうか?

すでに消費税を納めており、取引先に消費税を請求しているケース

すでに消費税を納めている方や、このさき消費税を納める方は、インボイス登録をおすすめします。

インボイス登録しないと、取引先に渡す請求書にインボイス登録番号を書けません。すると、取引先が支払う消費税が増えるかもしれません。

取引先が支払う税金が増えちゃうのか・・
ちょっと申し訳ないな。。
お客様
お客様

取引先に請求する消費税が、自社の納税額より高い場合

すでに取引先に消費税を請求しているなら、取引先へ請求している金額と、自分の払っている消費税の金額を比べてください。

 請求している消費税>自分が払っている消費税

このように、請求している金額のほうが高いなら、インボイス登録がおすすめです。

インボイス登録していないと、報酬から消費税分を減らされる可能性があります。

また、取引先がインボイス登録している別のフリーランスと契約する可能性も。

収入が減るのも、仕事の案件が減らされるのも困るな・・
お客様
お客様

主な売上先が売上5,000万以上の事業者

主な売上先が課税売上5,000万円以上の場合は、インボイス登録をおすすめします。

その理由として、課税売上が5,000万円以上の場合、消費税の1つの制度である簡易課税制度が使えないためです。

原則的な方法で消費税を計算すると、あなたがインボイス登録していないと、売上先は仕入控除というものができなくなります。

つまり、取引先が納める消費税が増えてしまいます。

インボイス登録すると仕入税額控除の対象となり、売上先にメリットがあります。今後も取引してもらえると期待できますね。

たしかに!
取引先が払う税金の負担が減るなら、私もインボイス登録したほうがよさそうだな。
お客様
お客様

また、インボイスに登録すると、そのほかのメリットがあります。

高額な備品や社用車などを購入するなら、税金が返ってくる可能性があるのです。

請求している消費税<自分が払っている消費税

となると、払い過ぎていた消費税が国から戻ってくるからです。

インボイス登録してから購入する方が得する場合もあります。インボイスに登録するか迷っ
ている方、詳しくは税理士までお問合せください。

 

投稿者プロフィール

ykondo
ykondo
近藤会計事務所の所長をしています。
大手監査法人での経験を生かして、質の高い税務・会計・経営分析情報の提供を誰もが納得出来る形で説明するように心がけています。



税理士をお探しの方へ

創業・開業・融資・節税・相続・贈与などの目的別に特化した、お住まいに近い税理士を探すには税理士ドットコムがおすすめです。 税理士と新しく契約したい。今の税理士に不満があり、税理士を変更したい。と感じている方は税理士ドットコムに、問合せするのも1つの方法だと思います。